嵐の相葉雅紀主演、武井咲、中山美穂、仲間由紀恵ら豪華キャストの共演が話題の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第1話が17日に放送。相葉が穏やかでしゃべり方で高貴な貴族を演じ、「いつも紳士だけど、もっと紳士な相葉ちゃん。かっこよかったよー!!」「やばああああ!!!イケメン。面白い」とファンを悶絶させた。
本作は、麻耶雄嵩による本格推理小説を原作に、異様な殺人事件の裏にあるトリックを“主人公が推理しないで謎を解いていく”前代未聞のミステリードラマ。第1話では、ある別荘で行われたパーティーでの殺人事件の謎を追う。

上流階級らしいということ以外、本名も職業も年齢も全てが謎の紳士、貴族探偵(相葉)。不可解な事件現場にふらりと赴き、解決に導くのだが、一切の推理は運転手の佐藤(滝藤賢一)、メイドの田中(中山)、執事の山本(松重豊)に任せきりにしか見えない。一方、高徳愛香(武井)は、喜多見切子(井川遥)を師と仰ぐ女性探偵。愛香は、クライアントの玉村家の令嬢、依子(木南晴夏)の別荘、通称ガスコン荘で行われるパーティーに招かれていた。愛香は、依子から地下にある古井戸に死体を投げ込むと消えてしまうという伝説を聞き、そこに案内してもらうと、そこにはパーティー客の死体が…。と、そこに貴族探偵が現れ、この事件は自分が解決すると言い放つ。

放送終了後、貴族探偵の呼び名である「御前様」、貴族探偵が女性を誘ったり、また女性から誘う時に言う「アバンチュール」がツイッターのトレンド入り。「御前様カッコよかった~。もっとお高くとまって貴族感出てても良かったのに、相葉くんの可愛さ溢れ出ちゃってる」「御前様かっこよすぎだし可愛すぎだしいい意味で色々しんどい」と相葉の演技に歓喜する声が多数寄せられた。

さらに、「とりあえず御前様と夢の中でアバンチュールしたいと思います(真顔)」「私とアバンチュールしてくれませんか?御前様あああああああ」と、アバンチュールという言葉がSNSに溢れ、今後、ブームとなりそうだ。

また、これまで主役級の役どころを演じることの多かった中山が、本作では御前様のメイドという役柄での出演であることから、「何を評価するかというと中山美穂さんの『過去の栄光(私はスターよ)に引きずられていない感』だな」「中山美穂が使用人だなんて贅沢すぎる」とそのキャスティングにも大きな反響が寄せられた。